未分類

土地評価単位

  • 2020.02.12

宅地 利用の単位となっている1区画の宅地 を評価単位とする。 「1画地の宅地」は、 2筆以上の宅地からなる場合もあり、 1筆の宅地を2画地以上の宅地として評価する場合もある 自由な使用収益を制約する 他者の権利の存在の有無により区分し (原則として使用貸借による使用借権を除く) 他者の権利が存在する場合には、 その 権利の種類及び 権利者の異なるごとに区分する (1) 所有する宅地を 自ら使用して […]

役員退職給与

  • 2020.02.09

株主総会の決議等によって退職給与の額が 具体的に確定した 日の属する 事業年度の損金に算入 退職年金制度 退職年金は, 年金支給時の損金の額に算入 するため注意

欠損金の繰越控除

  • 2020.02.09

事業年度開始の日 前10年以内に開始した事業年度で 青色申告書を提出した事業年度に生じた欠損金額 平20.4.1以後終了し平29.3.31以前開始事業年度に生じた 欠損金額については前9年以内)は,損金の額に算入

外注費か給与か

  • 2020.02.09

他人の代替を容れるか 指揮監督を受けるか 滅失した場合等においても請求できるか 材料,用具等を供与されているか (時間的な拘束を受けるか) 雇用契約か外注契約か 社会保険に加入しているか

事務所地図

  • 2019.08.15

堤税理士会計事務所へのgoogle地図はこちらをクリック 埼玉県さいたま市大宮区土手町3-88-1-3F JR大宮駅より徒歩20分または 東武野田線 北大宮駅より徒歩五分 大宮税務署そば

1年事業用の小規模宅地の見直し

  • 2019.08.08

①相続前3年以内に事業の用に 供された宅地については、 特例の対象から除外する。       ② ただし、①に該当する宅地であっても、 当該宅地の上で事業の用に供されている 償却資産の価額が、 当該宅地の相続時の価額の15%以上 であれば、特例の適用対象とする。                […]

減価償却資産の取得価額

  • 2019.05.11

減価償却資産については、 有形減価償却資産、 無形減価償却資産 生物の三つに分かれる 購入した減価償却資産 購入の代価 +(引取運賃、 +荷役費、 +運送保険料、 +購入手数料、 +関税 〔関税法規定する附帯税を除く。〕 その他 +資産の購入のために要した費用 +事業の用に供するために直接要した費用の額 固定資産の取得価額に算入しないことができる費用 租税公課等の額  不動産取得税 自動車取得税 […]

少額減価償却資産

  • 2019.05.11

①使用可能期間が1年未満であるもの②取得価額が10万円未満であるもの は損金の額に算入することができる 取得価額が10万円以上30万円未満である場合 中小企業者等の 少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例を適用できる場合 申告書に明細を添付することにより、損金算入が可能 資本金1億円以下の法人のうち 中小企業者又は農業協同組合等で、 青色申告書を提出するもの 常時使用する従業員の数が1,000 […]