(貸倒引当金)

このエントリーをはてなブックマークに追加

青色申告法人


損金経理

事業年度終了の時において,
期末資本金の額
または
出資金の額が
1億円以下である普通法人については,
期末における
金銭債権の額を基礎として算定される
繰入限度額に達するまでの金額を,
損金経理により
貸倒引当金勘定に繰り入れた場合には,
その損金算入が認められます。

一括評価金銭債権の
帳簿価額の合計額に
法定繰入率を乗じて計算した金額により,
繰入限度額の計算ができます

一括評価金銭債権の
貸倒引当金の法定繰入率

期末資本金の額(出資金の額)が1億円以下である
普通法人等
(資本金が5億円以上である法人等の100%子会社を除きます。)

卸売業及び小売
業(飲食店業及
び料理店業を含
む)
10/1,000

製造業
8/1,000

金融業及び
保険業
3/1000

その他
6/1,000

退職給与引当金は廃止されたので
取り崩しの取引のみとなる