複数の後継者への贈与の留意点

複数の後継者への贈与の留意点

このエントリーをはてなブックマークに追加

特例事業承継税制では

最大3人の後継者に贈与して

特例納税猶予の適用を

受けることができる。


 

 贈与の場合には、

 

役員就任から3年以上の実績が必要で

 

 

贈与の直前に

 

代表権を有していなければならない。

 

3人の場合には全員要件を満たす必要がある。

 

 

 

②相続の場合には、

 

先代経営者死亡の時点で

 

少なくとも役員でなければならない。

 

その上で

 

相続開始の日の翌日から5カ月以内に

 

代表権を取得する必要がある。

 

もちろん、

 

後継者が3人の場合には、

 

3人の名前を記載して

 

事前に特例承継計画の提出を

 

していなければならない

 

ただし

 

平成35331日までは

 

事後提出でも認められる。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*