経営環境変化に応じた減免

経営環境変化に応じた減免

このエントリーをはてなブックマークに追加

一般措置では、
後継者が自主廃業や売却を行う際、
経営環境の変化により株価が下落した場合でも、
承継時の株価を基に贈与・相続税を納税するため、
過大な税負担が生じうる。が

30年度税制改正では
売却額や廃業時の評価額を基に納税額を再計算し、
事業承継時の株価を基に計算された納税額との差額を減免。
経営環境の変化による将来の不安を軽減。
経営環境の変化を示す
一定の要件を満たす場合において、
事業承継時の価額と差額が生じているときは、
売却・廃業時の株価を基に納税額を再計算し、
減免可能とすることで将来不安を軽減
上がった場合ににも税金が増額することはない

  • 土地評価の基本
  • 地積規模の大きな宅地
  • 不動産登記申請書添付書面は?
  • 家賃収入の取り扱いは?
  • 有利な遺産分割方法は?
  • 居住用土地建物の譲渡
  • 未支給の年金があった場合
  • 生命保険の注意点
  • 負担付贈与、個人間の対価で取得
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


    *