簡易課税制度のみなし仕入率の見直し

簡易課税制度のみなし仕入率の見直し

このエントリーをはてなブックマークに追加

201910月から

飲食料品に

軽減税率が適用される。

 

これに際し、

農業・林業・漁業の

みなし仕入れ率が

変更となる。

 

農業・林業・漁業は、

第3種事業であり、

現行のみなし仕入れ率は

70%である。

 

しかし、

これらの業種に関しては、

仕入商品や設備には標準税率が適用され、

売上商品には軽減税率が適用される。

 

このため、

現行の70%が維持されると、

仕入税額が過少に算出される。


 

2019年度10月以降

 

事業区分を一つ引き上げ、

 

第2種事業になることとなった。

 

 

 

この改正は

 

2019101日を含む

 

課税期間から適用されるが、

 

2019930日までの

 

食用の農林水産物の売上高には

 

適用しないこととしている。

 

 

 

よって、

 

食用の農林水産物の売上高は、

 

2019930日以前のものと

 

2019101日以後のものに

 

期間を区分して

 

それぞれ異なるみなし仕入れ率を

 

適用することとなる。

 

税理士相続税確定申告格安埼玉県さいたま市大宮区

埼玉県さいたま市大宮区 格安料金

土地評価に詳しい税理士

税理士相続税確定申告格安

税理士報酬は格安

会社設立手数料無料

相続税申告報酬税理士格安

相続税 税理士 埼玉県さいたま市東京

相続税,相続相談

 

税理士リーズナブル料金

 

 

埼玉県さいたま市大宮区

 

出版物

 

ご相談電話

 

ニュース | 埼玉県さいたま市大宮区税理士消費税法人税

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*