一体資産とは、

一体資産とは、

このエントリーをはてなブックマークに追加

一体資産とは、

飲食料品と

飲食料品以外の資産の

セット商品をいう。

 

例としては

・食玩

・景品付き飲食料品

があげられる。

 

一体資産は、

飲食料品に該当せず、

原則、

販売価格の全額について、

標準税率が適用される。

 

しかし、

以下の要件を満たす

一体資産については、

販売価格全体に

軽減税率の適用が認められる。

 

セット商品の税抜販売価額が

1万円以下であり、

合理的に計算した

食品の価額の割合が

2/3以上の

一体資産

 

基本的にはこの要件を

満たす必要があるが、

食玩等については、

卸売業者や小売業者は

その商品の原価構成が

把握できないものとなる。

 

そこで、

食品の価額の割合が

合理的に計算できない

一体資産の場合は、

仕入商品に

軽減税率が適用されており、

税抜販売価格が1万円以下であれば、

売上商品について

軽減税率が適用できる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*