「特例承継計画」を提出した場合でも 平成39年12月31日までに贈与しなければならない

「特例承継計画」を提出した場合でも 平成39年12月31日までに贈与しなければならない

このエントリーをはてなブックマークに追加

「特例承継計画」を提出した場合でも

391231日まで

株式等を

後継者に贈与しなければ

特例事業承継税制の適用は受けられない

 

また

特例承継計画を提出していれば

平成3541日から平成391231日までの間に、

先代経営者が後継者に非上場株式等を

贈与する前に死亡しても、

特例事業承継税制による

相続税の納税猶予の適用を

けるとができる

 



  • 土地評価の基本
  •  

     

     

     

     

     

     

  • 地積規模の大きな宅地
  •  

     

     

     

     

     

     

  • 不動産登記申請書添付書面は?
  •  

     

     

     

     

     

     

  • 家賃収入の取り扱いは?
  •  

     

     

     

     

     

     

  • 有利な遺産分割方法は?
  •  

     

     

     

     

     

     

  • 居住用土地建物の譲渡
  •  

     

     

     

     

     

     

  • 未支給の年金があった場合
  •  

     

     

     

     

     

     

  • 生命保険の注意点
  •  

     

     

     

     

     

     

  •  

     

     

     

     

     

     

  • 負担付贈与、個人間の対価で取得
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


    *